こんなときは? ~家族

家族

扶養家族が減ったとき

被扶養者の下記の要件に該当する場合は、被扶養者の削除の申請を速やかに提出して下さい。

・就職 ・死亡 ・婚姻 ・離婚
・収入の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)を超過
・別居(単身赴任や被扶養者の収入より多い送金をしている場合を除く)

※扶養削除日は、削除事由が発生した日となります。被扶養者資格が既になくなっている状態で届出を直ちに行わなかった場合、遡って資格が取り消され、当該期間に発生した医療費及びその他給付金を返還していただきます。

【申請方法】

健康保険組合へ次の書類を事業所経由で提出して下さい。

・「健康保険被扶養者(異動)届」

届出書は事業所担当者より入手して下さい。
任意継続被保険者の方は健康保険組合までご連絡ください。
雇用保険失業給付受給による削除の場合は、受給資格者証の給付開始日がわかる面の写しを添付して下さい。
就職による削除の場合で新しい保険証をお持ちの方は新しい保険証の写しを可能であれば添付して下さい。

被扶養者(異動)届(記入例)

・扶養削除者の保険証